人気ブログランキング |
ブログトップ

Pちゃんの日記

soomi.exblog.jp

猫のちゃちゃと暮らしてます。ビオラを弾く日々。

b0117990_23493530.jpeg
影富士 初めて見ました

b0117990_23520628.jpeg
澄んだ空


きた!
b0117990_23524188.jpeg
b0117990_23522938.jpeg
b0117990_23525174.jpeg


b0117990_23531710.jpeg
りえちゃんが素敵に撮ってくれました。
ほんとは口の中に卵サンド入ってるのに


夜は天の川、オリオン座が上ではなく横に見える。
帰りは馬返しで下山。5合目より下はこんなにものどか
な道なのか、と。そして昔の人は皆ここから登って
たんだなー と想いを馳せました。
あまりに美しく、たーっくさん写真撮ったけど
最後はこれ(笑)
b0117990_23544339.jpeg


高所練習で今回決行、そしたらとんでもなく
素晴らしい天候に恵まれました。

美しい自然
ただ身を置くだけで充分で幸せ

# by hidemitakemoto | 2019-09-07 23:48 | 山メモ
ちゃちゃくん
b0117990_23141759.jpeg
6才 遊び大好き
b0117990_23142720.jpeg
かわいい太もも…
b0117990_23143794.jpeg
足の大きさ比べ
b0117990_23161358.jpeg

おいなりさん…
b0117990_23194731.jpeg
おやすみ
b0117990_23195846.jpeg

# by hidemitakemoto | 2019-08-28 23:12 | 猫のちゃちゃ
今年も3泊4日の合宿が終わりました。
朝から晩まで子どもたちが音楽に打ち込む。
昨日出来なかったことが次の日 出来るようになったり
大人の想像をはるかに超える子どもたち…
ちょっと大変かな?と思うことも、あらゆる方向からなげかけ
どっぷり一緒に過ごす。
そして見えてくるものは、それぞれが課題に取り組む姿
今までに聞けなかった質問をしてくる子
最高の笑顔を見せてくれる子、 一人一人がチャレンジしていて
そして音が集まり動きだす。
その素直さと情熱に私が心動かされるのです。

このジュニアオーケストラは私も子どもの頃 育ててもらった場所。
現在の団員の親には 私がむかし団員だった頃の先輩もいて
そしてトレーナーの先生たちも大半は当時と同じ先生たち。
私は今ヴィオラのトレーナーとしているけれど
周りは私の先生たち先輩たちもたくさんいる場所。
とてもあたたかく大好きな場所です。


団員の親(私の先輩)が今回の合宿で30年前の
合宿の集合写真を見せてくれました。懐かしすぎる!
トレーナー一同大爆笑!笑
先生たち変わってないけど やっぱり若い!!そして
私にいたっては小学生!笑

同じ場所で30年前も、今年も一緒に過ごしてる。。
もちろん今年も集合写真を撮って^ ^
この写真がまたいつの日か大爆笑や思い出深いものになるのかな。

人との出会い 繋がりは 人生の歩みの
最高の育みなのだと 改めて感じた合宿でした。
# by hidemitakemoto | 2019-08-24 19:47 | 出会い
仲間の存在は大きい
本当に
b0117990_23282700.jpeg
人生が何倍にも豊かに


これからも楽しみだね
さぁ練習だ♩

b0117990_23291142.jpeg
長谷川くんとわたし
b0117990_23292404.jpeg
まりこちゃんとわたし


ありがとうございました!
b0117990_23302294.jpeg


長谷川信久 contrabass  古川まりこ piano 武本秀美 viola


# by hidemitakemoto | 2019-08-17 23:20 | music
自宅でのレッスン
ちゃちゃはいつも隣のお部屋で待機
ピンポン、や 誰かが来るとすぐに
隠れてしまう

おかげでレッスン中は物音一つ立てないから
生徒さんからは「猫、いるんですか?」
と聞かれるほど。。

そんなビビリやのちゃちゃ
でもちゃんと意思を持ってる。

ちゃちゃはウチに来た生後8ヶ月の頃から
もう何年も私の練習を聞いていて、
好きな曲や苦手なものがある

ちゃちゃはアリアのような曲が大好き!
そんな曲を練習している時は必ず
キッチンのカウンターの上に座って聴く。
そこはちゃちゃにとってのS席、
楽器の音をその高さで聴くとちょうどいいらしい。

そして今日のレッスン
曲がなんとも美しい曲をとりあげていたら…
かすかに ミャ〜
ん?
そして それはだんだんとクレッシェンド
ミャ〜 ミャ〜! ミャ〜!
💦
そして 扉を開けようとする音まで…( ̄◇ ̄;)

レッスン終盤で我慢できなかった
ちゃちゃの気持ち
ごめんなさい、と断り入れ 少し扉を開けたら
サササササっと急いでちゃちゃはS席に行きました。

そうか、聴きたかったんだ。。
ビビリや ちゃちゃの決意

レッスン中のはじめての出来事に
困ったような 嬉しいような、、
いや、困ったな…笑

b0117990_21163104.jpeg

# by hidemitakemoto | 2019-08-13 20:56 | 猫のちゃちゃ
暑い日が続いてるけど、そんな中で思うことは
やっぱり夏 好きだな〜!てこと。
子供の頃「夏休み」が大好きで、日常と違う 
ただそれだけで、もうワクワクして 大冒険のはじまり!
と、そんな気持ちが大人になった今でも ずーっと続いている。笑

私の中で冒険はとても大事な要素で
たとえ小さなことにもワクワクする人生でありたい
と思うのだ。

山に登っていると、移りゆく空 風の流れ
見るもの 触れるもの 聴こえるもの全てが無限
退屈に思うことなんてなく、登っていてキツくなっても
く〜ってたまらなくなる。

音楽も 繰り返しの音なんて一つもなく、弾いた一音はそれぞれに違い 無限。だからこそ その一つ一つにちゃんと気づくことが大事。
あたりまえに弾くのではなく 一つ一つが出逢いで
期待して望んでその一音に向き合う
なかなか描く音は出せないけど、そのプロセスは
導きを与えてくれる。


今日も
今日という日が愛おしく、そして
明日という冒険にワクワクしながら
寝る前の癒しの時間をちゃちゃと過ごしています。

こんな私だから よく母は私のことを
夢見る夢子
というのかな?笑

あと4時間後くらいに流れ星が降るね

# by hidemitakemoto | 2019-08-12 21:53 | ひとり言
急登と聞いて気合いを入れて向かった燕岳。
いざ登山道に入ると、道の狭さや樹林の感じからか
何か懐かしい感じのする 島の裏道のような
ぬくもりある登山道で、、 癒されるなぁ。。
お天気良く、嬉しい反面 風が少なく 標高あげても
うー、暑い!
でも夏の青空にお花やキノコ、スイカ🍉に癒されて
だいぶ登ると燕山荘が?!
b0117990_10181632.jpeg
よし、あそこまで行くと…
b0117990_10185169.jpeg

なんてことでしょう!!
b0117990_10211787.jpeg
b0117990_10515659.jpeg
視界がドーーーーーンと開け  
左にはこないだ登った槍ヶ岳!小槍もしっかり見える110.png
b0117990_10225306.jpeg
右には燕岳山頂が!!
b0117990_10234440.jpeg
なんて世界だ、とただただびっくりして
ここから先の頂上へは 壮大な景色に圧倒されながら
ゆっくり向かっていきました。
b0117990_10242108.jpeg
b0117990_10250786.jpeg
頂上
b0117990_10253372.jpeg
b0117990_10254443.jpeg
ここに立って見た
b0117990_10271120.jpeg
海が山になり風を浴び 造られた岩
b0117990_10272370.jpeg
イルカと槍
b0117990_10273251.jpeg
メガネと空
b0117990_10281439.jpeg
コマクサの咲き方の可愛さといったら


なんて素晴らしいとこなんだ!

家に着き、今も目を瞑るとあの世界が。。
登山、槍以外は全て日帰りだけど、
休みが半日、または1日あると直ぐに
行きたくなるのは この出会いがあるから

燕岳 また来ます!


# by hidemitakemoto | 2019-08-10 01:07 | 山メモ
オーケストラの楽屋で山の話題に。
「行ってみたい」とか、道具の話しとか
連日本番でも話しはつきず
とうとう一緒に行く日が♩
ヴィオラセクションでハイキングへ行ってきました!
b0117990_20270810.jpeg
仕事場ではそこまで話せないあんなことやこんなこと
そして自然の美しさ ご飯の美味しさで一緒に感激。
ミカミさんの本格撮影もあり あの時のみんなの笑顔が素敵に✨
b0117990_20262024.jpeg
b0117990_20281365.jpeg
b0117990_20283150.jpeg
嬉しいなぁ110.png



@ころぼっくるひゅってにて
b0117990_20285705.jpeg
旅立ち(風)
b0117990_20291127.jpeg
ご飯待ち

# by hidemitakemoto | 2019-08-03 01:15 | 山メモ
りえちゃんとの夏休み北アルプス大冒険が始まった!

初日
朝一のバスで松本へ。そこから電車とバスでお昼過ぎに上高地 到着。
さぁ、出発だ!
昨年の山音での上高地が思い出され胸が高鳴る。。
今回も明神近くでお猿さんのお出迎えをうけ、そして徳沢園でソフトクリームを美味しく頂き、本日の宿、横尾山荘に到着。
なんと山小屋であるのにお風呂つき!夕食も大満足でお部屋も快適。
のんびり過ごし早めの就寝。

2日目
朝(夜中?)2時に起き、ヘッドライトを点け3時過ぎに出発。
空は星がたっくさん173.pngあぁ なんて美しい。。
台風を心配していたけれど 星空が教えてくれたように
日の出と共に空は青く濃く広がり、太陽と雲の動きによって
山々はぐーーーんと照らし出されその姿を魅せてくれた。
b0117990_00470044.jpeg
b0117990_00472690.jpeg
b0117990_00475678.jpeg
あまりの美しさに笑みがとまらず、涙がでる
感動しちゃうな。
槍沢ロッジを通過し、水俣乗越から東鎌尾根のコースでいざ槍ヶ岳山荘へ。
このコースがなんともなんとも!笑
b0117990_22425509.jpeg
景色は左右パノラマが延々と広がりあまりに素晴らしく
またバラエティに富んだタフな山道は冒険心に火がつき
勝手にドラマティックコースと命名!(笑)
b0117990_22432092.jpeg
b0117990_22441244.jpeg
ふと目の前を見ると小さい岩たちと目が合う
まるで槍ヶ岳の子どもたちのように、小さいのにしっかり槍だ☺️

ぐんぐん登る中、空はだんだんと雲が厚くなり霧が立ち込め
台風が接近してるのを予感。。
そんな中、目指す方角をみては霧の間からそのかっこいい姿が
見え隠れし、その度に私たちは一喜一憂。。
ぐんぐん登ってきて午前11時ちょいに今夜の宿 槍ヶ岳山荘に到着。
ここはなんと槍ヶ岳の山頂直下に位置する約3000mのところにある。
まだ11時、でもよく考えると山道登りはじめてもう8時間がたっている。
山の朝は早く、夜も早く、そして1日はとても長く感じられ
まだ午前中なのに今日の出来事を思い返すと
星空から始まっていて たくさんのシーンが詰まってる。。

山小屋で荷物を降ろし ゆっくりしながら空の様子を伺う。
そう、今回最大の目標 槍ヶ岳に挑戦するか、どうするか、
そんな中 山小屋のくつろぎ場ではみんなが情報交換
空はだんだんに暗くなり風と雨が…
明日お天気が回復するのを願い あとは小屋でゆっくり。
そうとなれば小屋のみなさん、ちょっぴり乾杯して色々な話しに笑いはとまらず
そして夜8時に就寝。

最終日
打ち合わせしていないのに朝3:30に小屋の人たちが続々と起き出し準備。
夜中の台風の強い雨風の音は聞いていたけど、早朝にはだいぶ遠去り
雨は小降り、ただ風はまだ強めでガスでほとんど見えない…
様子を見て挑戦するか、今回はやめるか…
そんな中、すでに登頂し、宿に戻ってきた人たちが。
更に待っていると雨も風もおさまってきた。
帰りのバスの都合で槍ヶ岳山頂への挑戦をするかしないか
タイムリミットぎりぎりの6:30頃、よし 行くぞ!

あれだけ一喜一憂していた山頂への道のり
ごつごつしているのに近づくにつれ、よく来たね
とあたたかく言ってもらえてるようで、、
到着した時には景色はガスでな〜〜〜んにも見えなかったけど
これまでのドラマティックコースをへての登頂
びっくりするくらいに嬉しくて、感謝でした!
b0117990_23404814.jpeg
b0117990_23405908.jpeg
ヤリましたー!!!(槍だけに…)

喜びも束の間、槍ヶ岳山荘へ戻り さぁここから22㎞の下山。
b0117990_17083955.jpeg
心は満たされ、しかし12㎞過ぎから少しづつ足が疲れはじめ
そんな道中 徳沢園でカレーライスを食べ チーズケーキまで頂きみるみるチャージ!
もうこれ以上ないご褒美をもらったかんじで意気揚々と歩きはじめたら
今度はカルガモの親子に遭遇… そしてもっといくと行きでもあったお猿さんたちが大所帯でお出迎え…
b0117990_23582983.jpeg
b0117990_23585641.jpeg
なんとサファリパークのご褒美までついていました。笑
おかげで無事 予定していた時刻より1時間早く到着でき
バスターミナルでは上高地のお水で体を潤し
そして北アルプスにゆっくり別れを告げました。

怪我なく事故なく元気に
素晴らしい時間に
ありがとう! また来ます😊

# by hidemitakemoto | 2019-07-29 00:38 | 山メモ
梅雨に入り長いなが〜い曇り空が続き
あー晴空がみたい!と体が太陽を欲していた今日この頃
お天気を心配していた富士登山の日、久々の青空が!

うーー、ありがとう!!

今回2回目となる富士山への挑戦。
前回は富士宮ルートで山小屋1泊、今回は吉田ルートで日帰り。

朝4:20に5合目から出発
b0117990_00070087.jpeg
歩きはじめて間もなく
b0117990_00073929.jpeg
朝がやってくる

青い空が広がり、下には雲たちがどこまでも
雲の上の山 そうだ、これが富士山。。。

b0117990_00044906.jpeg

美しさに息をのみ、これからはじまる
登山にわくわくと緊張がはしり、
そんな時、脳裏によぎった母の言葉
くれぐれも気をつけてね。自分の為、
家族とちゃちゃの為。好きな山を恐れる心を持って
勇気を出して、楽しんで行っていらっしゃい」
よし、行くぞ!
b0117990_00140092.jpeg

一歩一歩ゆっくりと
b0117990_18292420.jpeg

春から出来るだけ山へ行く時間を作って望んだ富士山、
体力的に下りも膝は笑わず最後まで軸がある状態
その分 低酸素の変化に気づくことがき、呼吸の大切さを感じました。
b0117990_00322408.jpeg

山を登るほど筋力はつき、同時に山のこわさも感じ
そしてその素晴らしさに触れ またすぐに行きたくなる
b0117990_00524148.jpeg

ペースなど具体的な面でも、精神的な心の面でも
一緒に行く人たちと共に行けたから 
前回も今回も 登ることができました。

出会いに、愛ある繋がりに感謝!

# by hidemitakemoto | 2019-07-17 23:55 | 山メモ